Starlight Tips

Starlight Tips

デレステのイベント攻略、仕様検証など。

【デレステ】GRANDにおけるアンコール、参照系特技、シンデレラマジックの挙動まとめ

GRAND LIVEにおいてアンコール、参照系特技(オルタネイト・ミューチャル・リフレイン)、シンデレラマジックを組み合わせて用いる際に知っておきたい挙動についてのまとめです。(2022年1月時点の情報)

 

アンコールの基本的な仕様についてはこちら↓

 

 

 

特技の被参照倍率

オルタネイト、ミューチャル、リフレインといった参照系特技は、他の特技の倍率を参照して発動します。

このとき参照系特技は、「LIVE中に発動した特技倍率そのもの」ではなく、「被参照倍率」(便宜上この呼び方とします)という別に記録されている値を参照して発動していると考えられます。

というのも、例えばオルタネイトが2人編成に入っていた場合、「LIVE中に発動した特技倍率そのもの」を参照してしまっては、オルタネイト同士が互いに倍率を極大アップし合ってしまい、倍率がインフレしてしまいます。このような事態を防ぐために、被参照倍率というオルタネイト等が参照するための倍率が設定されていると考えられます。

被参照倍率には

  • 「被参照スコア倍率」「被参照COMBO倍率」の2種が存在する
  • 「その特技の発動時」「その特技に対して」記録される(ライフスパークルについては、発動中にライフが回復した場合、随時被参照COMBO倍率が更新される?)

という性質があります。

ある特技が発動したときに、その特技の被参照倍率に記録される値の一覧を推定したものが以下。

  被参照
スコア倍率
被参照
COMBO倍率
SCOREボーナス 17%  
COMBOボーナス   18%
PERFECTサポート    
COMBOサポート    
ライフ回復    
ダメージガード    
オーバーロード 18%  
コンセントレーション 22%  
スキルブースト    
Cu/Co/Pa
フォーカス
16% 14%
オールラウンド   13%
アンコール [可変]% [可変]%
ライフスパークル   [可変]%
トリコロール・
シナジー
16% 15%
コーディネイト 10% 15%
チューニング   12%
ロングアクト 10~30%  
フリックアクト 10~30%  
スライドアクト 10~40%  
Cu/Co/Pa
アンサンブル
   
Vo/Da/Vi
モチーフ
[可変]%  
トリコロール・
シンフォニー
   
オルタネイト   -20%
リフレイン    
シンデレラマジック [可変]% [可変]%
ミューチャル -20%  

※灰背景は0%または設定無し。(現状区別が付かないので同一の表記)

 

基本的には発動倍率と同一なので語ることはそこまで多くないのですが、注目すべき点はオルタネイトとミューチャルについて、

  • 極大アップして発動する方の倍率は被参照倍率として記録されない
  • デメリットである「-20%」は被参照倍率として記録される

という点です。これを次の項で検証します。

 

 

アンコールが他ユニットの参照系特技をコピーする場合

f:id:rrr19533739:20220113225639p:plain

アンコールが他ユニットの参照系特技①をコピーしたとき、同ユニットの参照系特技②がその倍率を参照できるかどうかを調査しました。

調査結果は以下。

f:id:rrr19533739:20220113223653p:plain

すべての組み合わせに対してデメリットのみが残るor不発という結果になりました。

オルタネイトとミューチャルの組み合わせについては、SCOREとCOMBOの両方が-20%となります。これは通常のWIDE LIVEでも見られる挙動です。

この挙動については、オルタネイトとミューチャルの-20%デメリット効果が被参照倍率に記録されていて、他の被参照特技がそれを元に発動しているという原理と推測され、上で説明したことの裏付けになっています。

 

 

参考として、参照系特技②がリフレインの場合(3つ)について以下に詳細を記載します。

 

アンコールがオルタネイトをコピーし、同ユニットのリフレインに渡す

①11秒時点でSCOREボーナスが発動。
f:id:rrr19533739:20220113154856j:plain

②13秒時点でオルタネイトが発動。
f:id:rrr19533739:20220113155410j:plain

③18秒時点でアンコールとリフレインが発動(アンコールはオルタネイトをコピー)。
f:id:rrr19533739:20220113155517j:plain

④23秒時点でリフレインのみが発動している状態になる。
f:id:rrr19533739:20220113155654j:plain

このときリフレインは、スコアアップ効果を発揮せず、COMBOボーナスダウン効果のみを発揮している表示になっています。

 

アンコールがミューチャルをコピーし、同ユニットのリフレインに渡す

①11秒時点でCOMBOボーナスが発動。
f:id:rrr19533739:20220113155755j:plain

②13秒時点でミューチャルが発動。
f:id:rrr19533739:20220113155923j:plain

③18秒時点でアンコールとリフレインが発動(アンコールはミューチャルをコピー)。
f:id:rrr19533739:20220113160122j:plain

④23秒時点でリフレインのみが発動している状態になる。
f:id:rrr19533739:20220113160227j:plain

このときリフレインは、COMBOボーナス効果を発揮せず、スコアダウン効果のみを発揮している表示になっています。

 

アンコールがリフレインをコピーし、同ユニットのリフレインに渡す

①9秒時点でリフレインとコーディネイトが発動。

f:id:rrr19533739:20220113160358j:plain

②18秒時点でアンコールが発動。
f:id:rrr19533739:20220113160522j:plain

このときリフレインが不発となります。

また、アンコールはCOMBOボーナス効果のみを発揮し、スコアアップ効果は発揮していない表示になっています。この現象については謎。
(ちなみにAにCOMBOボーナス系特技を入れていないとアンコールは発動しているのに何も効果を発揮していない状態になります)

なお、リフレイン(裕子)は高確率・特技Lv10・特技ポテンシャル10のため、発動条件さえ満たしていれば確定で発動します。

 

 

その他細かい挙動

以降はアンコール、参照系特技(オルタネイト・ミューチャル・リフレイン)、シンデレラマジックが入った編成を用いる上で覚えておきたい、細かい挙動などについての話を扱います。

 

アンコールが別ユニットのリフレインをコピーして発動した場合、スコアアップ効果を発揮できない

前項最後の検証を参照。

 

 

シンデレラマジックがミューチャルを発動した場合、被参照スコア倍率に-20%が記録されない

シンデレラマジックがアンコールを発動し、別ユニットの特技をコピーした場合を考えます。

このとき、シンデレラマジックが

  1. オルタネイトをコピーした場合、シンデレラマジックの被参照COMBO倍率には-20%が記録される
  2. ミューチャルをコピーした場合、シンデレラマジックの被参照スコア倍率には倍率が記録されない

という挙動があるようです。

以下、リフレインを用いてその検証を行います。

 

オルタネイトをコピーする場合

①45秒時点でオルタネイトが発動。

f:id:rrr19533739:20220122174614j:plain

②48秒時点でシンデレラマジックが発動。(オルタネイトをコピー)
f:id:rrr19533739:20220122180407j:plain

③63秒時点でリフレインが発動。
f:id:rrr19533739:20220122180521j:plain

リフレインが発動可能ということは、シンデレラマジックが発動したオルタネイトの-20%効果が被参照COMBO倍率に記録されていることを意味します。

(ちなみにアンコールは18秒なので一度も発動していません)

 

ミューチャルをコピーする場合

①45秒時点でミューチャルが発動。
f:id:rrr19533739:20220122181133j:plain

②48秒時点でシンデレラマジックが発動。(ミューチャルをコピー)
f:id:rrr19533739:20220122181241j:plain

③63秒時点でリフレインが発動しない。
f:id:rrr19533739:20220122181408j:plain

リフレイン(裕子)は特技Lv10かつ特技ポテンシャル10振りなので条件さえ満たしていれば確定発動するはずです。これは、シンデレラマジックが発動したミューチャルの-20%効果が被参照スコア倍率に記録されていないことを意味します。

 

 

加えて、シンデレラマジックがアンコール以外の方法でミューチャルを発動した時も同様の事象が発生します。

f:id:rrr19533739:20220122182806j:plain

この編成では27秒時点でミューチャル(美波)が不発、33秒時点COMBOボーナス(愛梨)は発動、36秒時点でシンデレラマジックが発動しますが、39秒時点でオルタネイト(ナターリア)が発動しません。

よってこの場合も、シンデレラマジックが発動したミューチャルの-20%効果が被参照スコア倍率に記録されていないことが分かります。

 

 

なお、純正のアンコールがミューチャルをコピーして発動した場合は、アンコールの被参照スコア倍率には-20%が記録されます。

 

 

特技不発ガシャについて

アンコールは「直前に発動した特技を繰り返す」特技であるため、特技の発動状況(特定のタイミングで特技が発動しなかった場合)によってはコピーする特技が変化する場合があります。

これによりアンコールの被参照倍率をある程度コントロールできる場合があるのですが、この際コピー元となる特技を持つアイドルのポテンシャルの振り方によって期待通りの特技発動となる確率が左右されます。

ポテ振りの最適化について詳しくは以下の記事で。

 

 

 

修正済みの挙動

シンデレラマジックがミューチャルを発動する場合、それ以前に他のミューチャルが発動していなければ、COMBOボーナス極大アップ効果が適用されない

2022/04/25修正済み。


(以下修正前の検証内容)

GRAND LIVEでアンコールを用いる場合に限らず、普通にWIDE LIVEでも発生する事象です。

※オルタネイトでは発生しない模様

 

①8秒時点でオールラウンド(13%)が発動。(楽曲はつぼみMASTER)

f:id:rrr19533739:20220122155236j:plain

②12秒時点でシンデレラマジックが発動。ミューチャルは13秒なので、これ以前にミューチャルは発動していません。
f:id:rrr19533739:20220122155519j:plain

f:id:rrr19533739:20220122155651j:plain

38コンボ目でスコアを925点獲得しています。

編成のアピール値は215342であり、

(215342×1.9÷440)×1×1.1×(1-0.2)×(1+0.13)=924.6...

というスコア計算式から、シンデレラマジックはミューチャルを発動しているにも関わらず、13%という極大アップ前の倍率を発揮していることが分かります。

 

③13秒時点でミューチャルが発動した後、24秒時点でシンデレラマジックが発動。
f:id:rrr19533739:20220122160749j:plain

f:id:rrr19533739:20220122160759j:plain

90コンボ目でスコアを1098点獲得しています。

編成のアピール値は215342であり、

(215342×1.9÷440)×1×1.2×(1-0.2)×(1+0.23)=1098.0...

というスコア計算式から、シンデレラマジックの2回目の発動では13%という倍率を極大アップして発動していることが分かります。

 

そのうち修正されそうな挙動なので詳しい検証画像は省略しますが、

  • ↑の編成で13秒ミューチャルを9秒ミューチャルに変更(シンデレラマジックより先に発動するようにする)すると、シンデレラマジックは初回発動時から極大アップ効果を発揮する。
  • 同じく9秒ミューチャルに変更し、そのミューチャルが9秒時点および18秒時点の両方で不発となった場合、24秒目のシンデレラマジック(2回目の発動)は極大アップ効果を発揮しない。

という挙動も確認できました。

これらのことから、シンデレラマジックがミューチャルの極大アップ効果を発揮するには、それ以前(同時の場合は不明)に純正のミューチャルが少なくとも1回発動していることが必要と考えられます。

 

また、GRAND LIVEではユニットが3つありますが、シンデレラマジックと別ユニットで発動したミューチャルでは条件を満たしません。

ただし、シンデレラマジックが別ユニットのミューチャルをアンコールして発動した場合は通常通り極大アップ効果が適用されます。