Starlight Tips

Starlight Tips

デレステのイベント攻略、仕様検証など。

【デレステ】イベント「LIVE Groove Visual burst (ささのはに、うたかたに。)」攻略

 

2022年6-7月開催のイベント、「LIVE Groove Visual burst (ささのはに、うたかたに。)」の攻略記事です。

 

最新のイベント攻略情報についてはこちら↓をご覧ください。

 

 

↓新規記事公開の通知を受け取る

 

開催期間

6/29, 15:00~7/8, 20:59

10日間のイベントです。

 

報酬SR

SR (1):鷺沢文香

 

SR (2):佐城雪美

 

f:id:rrr19533739:20210227143537p:plain
SRを1枚獲得したいだけであれば、イベントptランキング20万位以内(ボーダーは数千pt程度)に入るのが最も楽。ただし、この場合イベント終了後までSRを入手することができません。
10000位以内に入ることで各アイドルをスタラン15にすることが可能。
2000位以内に入ればそれに加え、もう1枚SRを獲得することができます。
また、プレミアムパスを購入してる場合は達成pt報酬にSRおよびスタージュエルが追加されます。所定のpt到達後にプレミアムパスを購入した場合でも、購入後の初回ログイン時に追加で到達済みptの報酬を獲得できます。

加えて、カムバックSRスカウトチケットを使うことで任意の獲得済みSRをスカウトすることができる(同カードのスカウトは年1回まで)ので、これとプレミアムパスの獲得分を合わせると10001位~20000位であってもスタラン15が可能です。

 

基本的な走り方

イベントpt報酬でSRを獲得するまでの流れ。

f:id:rrr19533739:20211030164845p:plain

 

編成について

f:id:rrr19533739:20200928222222p:plain

ハコユレLvに応じて獲得ptが上昇するため、Grooveではスコアを稼ぐことが重要。

スコアを稼ぐ上で重要なのは、編成にGrooveのburstステータスが高いアイドルを入れることです。
今回は"Visual burst"なので、編成(サポメンを含む)に入るアイドルのビジュアル値に+150%のボーナスが掛かります。特に、特技「トリコロール・シナジー」持ちのブランフェス限定アイドルは特定ステータス値が非常に高いので、所持している場合は編成推奨。

トリコロール・シナジー持ちのアイドルはこちらで紹介しています。

 

10000位、2000位以内を目指す人向け

効率の良い走り方

こちらは難易度MASTERまたはMASTER+(※Groove開始時に選択する難易度はMASTER、MASTER+のどちらでも獲得ptに差は無い)におけるハコユレLvと獲得イベントpt(アンコール除く)の対応をグラフにしたもの。(元データはwikiより)

f:id:rrr19533739:20191031143241p:plain

最低330pt、最高505pt。またハコユレLv24、50をそれぞれ境に傾きが減少し、ハコユレLv50と99では25ptの差しかありません。このため、基本的には安定してハコユレLv50を超えられる編成が重要と言えるでしょう。

また、Groove開始時の難易度選択でMASTERを選びかつハコユレLvが21以上の場合、アンコール楽曲の難易度をMASTERとMASTER+で選べますが、この獲得イベントptに関してはMASTER:160pt 、 MASTER+:174ptとMASTER+の方がやや高いため(スコアSの場合)、安定してクリア可能なのであればMASTER+推奨。

 

ちなみに、昔はアンコールをリタイアして周回するのが時間効率として最高でしたが、獲得ptの変更により現在はアンコールをプレイした方が高効率な場合が多いです。一応注意。

 

ボーダーの目安

プロデュース方針実装以後のGrooveイベントにおけるイベントptランキングボーダーの一覧。

開催月 イベント楽曲 開催日数 2001位 10001位 SR(1) SR(2) burst
2020/11 Never ends 9 138011 70301 北条加蓮 鷺沢文香 Vocal
2021/02 White again 10 96294 67137 小早川紗枝 島村卯月 Dance
2021/04 Just Us Justice 9 77039 56612 南条光 結城晴 Vocal
2021/07 Secret Mirage 9 81923 56462 水本ゆかり 小早川紗枝 Dance
2021/10 堕ちる果実 10 125199 79536 神崎蘭子 黒埼ちとせ Vocal
2022/01 CoCo夏夏夏 Holiday 9 109998 72964 佐藤心 上田鈴帆 Visual
2022/03 New bright stars 10 103346 73499 小日向美穂 桐生つかさ Vocal
2022/06 ささのはに、うたかたに。 10 鷺沢文香 佐城雪美 Visual

 

ボーダーの目安としては

  • 10000位:6万〜7万pt
  • 2000位:10万〜14万pt

といった感じです。(※前/後半戦システム廃止前の場合)

2000位ボーダーは10万付近に落ち着くことが多いですが、一部人気ユニット(P.C.S.)のイベントでは17万まで伸びたこともあるので場合によってはある程度の覚悟が必要。

これらの数字も参考に、以下にプレイ回数-獲得pt対応表を載せるので、目安として目標ptを稼ぐにはこのくらいプレイする必要があるということは把握しておきましょう。(ちなみにTwitterで「デレステ ボーダー」と検索すると有志によるボーダー予測が出てきます)

 

オートLIVEについて

GrooveではオートLIVEチケットを1枚使用することで、メドレー3曲+アンコール曲の計4曲すべてをオートLIVEとすることが可能です。詳細な仕様は以下。

  • オートLIVEチケットを複数枚使用し、枚数分のスタミナを消費した場合、使用した枚数分の報酬を得ることが可能。
  • オートLIVEとした場合、得られるイベントptなどの報酬は手動時の80%となる。
  • オートLIVEチケットを使用してメドレー3曲を行った場合、アンコール曲プレイ前の画面でオートLIVEの実施有無を選択することが可能。ここで手動を選んでアンコール曲をクリアした場合、スコアは正式に記録されるので、スコアタ時に便利。
  • 最初にオートLIVEを選択しなかった場合、アンコール曲のみオートLIVEとすることは不可。

獲得イベントptなどが80%になってしまうというデメリットはありますが、スタミナをまとめて消費できるのは大きな利点なので、時間に余裕がない場合は積極的にオートLIVEチケットを使用していきましょう。

 

放置編成は使用可能?

Grooveはゲスト不在のためライフが少ない、選曲がランダム、ハコユレLvが低いとアンコールが発生しない等の要因から、放置編成向きのイベントとは言えません。しかしながら、時間効率・スタミナ効率が極めて悪いことを許容できるのであれば、放置編成を使用することは一応可能です。

難易度はREGULAR推奨。基本的には完全放置でアンコールまで可能ですが、1曲終えてライフが少ないまま次の曲へ行くとたまに死ぬので、休憩画面ではライフの残りに気を配る必要があるでしょう。1倍消費の1周で300ptほど稼げるので、時間効率は手動MAS周回(1周約650pt)の46%程度、スタミナ効率は77%程度となります。

オートLIVEチケットが余っているのであれば、そちらを消費してMASTER+のLIVEを行う方が高効率です。

 

サポメンとスターランク

Grooveにはゲストがおらず、またburst(特定のステータスに掛かる+150%のバフ)がサポートメンバーにも適用されるため、アピール値に対するサポメンの寄与率が通常より高くなります。

ここで、特技「トリコロール・シナジー」持ちアイドル(以下シナジー)はボーカル・ダンス・ビジュアルのうちいずれかのステータスが突出して高いため、メイン編成およびサポメンにシナジーが多いほどアピール値は上昇します。

さらに、サポメンはスターランク分重複して選ばれる(例えば、メイン編成に入れているあるシナジーのスターランクが5の場合、サポメンに同アイドルが4人入る)ため、Grooveの時間効率を高めたりハイスコアを狙いたいのであればシナジーのスタラン上げは一考の価値あり。

スタラン上げにはスターレッスントレーナーチケットを使う、または同アイドルをスターレッスンするという2通りの方法が存在します。後者に関して、センター効果「レゾナンス」を利用する編成においては同じシナジーの特訓前・特訓後を同時に組み込む場合もあるので、手持ちに最低2人は残しておくことを推奨します。

 

PRO周回

MASTERで周回するのが難しい場合にはPROでの周回が選択肢に入ります。

PROではハコユレLv50で469pt(アンコール込み)稼げるので、この場合時間効率は手動MAS周回(1周約650pt)の72%程度となり、すなわちMAS周回の人より1.4倍ほど多くプレイする必要がありますが、現実的な範囲ではあるかと思います。

オートLIVEチケットが余っているのであれば、そちらを消費してMASTER+のLIVEを行う方が高効率です。

 

LIVE PARTY周回

昔はLIVE PARTY周回が前半戦の最高効率でしたが、前/後半戦システムの廃止により最高効率ではなくなりました。注意。

 

スコアタについて

Grooveでスコアアタックをする際は以下の点に注意しましょう。

  1. Grooveにはゲストが存在しない
  2. イベント楽曲のタイプは最初に選んだGrooveのタイプ(Cu,Co,Pa)によって決まる。アピール値や特技発動率の補正もこれに依存
  3. Grooveの補正(Vocal burstならVo値に+150%など)はサポメンにも掛かるので、Grooveではサポメンが占めるアピール値の割合が高く、そのためサポメンに該当ステータス値の高いアイドルが多く居るほどスコアが上昇する

2番目は特に重要な仕様であり、例えばキュートタイプのGrooveを選択したとき、クールとパッションタイプのアイドルの特技発動率は、最大でも80%(高確率特技、特技Lv10、特技ポテンシャル10の場合)と決して高くはない数字になってしまいます。ただし、シンデレラブレスを用いればユニット内の特技発動率を高めるセンター効果を発揮させることができるので、複数タイプを入れる編成を運用する場合はそのような選択肢がある事を覚えておきましょう。

他形式のイベントも含めたスコアタ編成例については以下の記事で扱っています。

 

↓新規記事公開の通知を受け取る